花の便りはまだですか

故郷から遠く離れ、まだ見ぬ赤子に想いを馳せつつ 夫と猫2匹ノンビリと過ごす日々。子宮外妊娠(異所性妊娠)の体験記があります。Twitter→@sugrusdan

採卵前日

こんにちは。mokukoです。

5ヶ月ぶりって…(´ω`)

不定期更新ということで、お許しください。
たまに覗きに来ていただいてる方、ありがとうございます。

 

夏が終わって秋が来て秋が終わって冬が来て。

慌ただしく年越しをして、とうとう今日が採卵前日です。
本当はもう少し早くにステップアップの予定でしたが、夫になけなしの2周期自己タイミングを言い渡され…やはり奇跡起こらず、ここまで来ました!

 

明日は痛み止めの座薬のみ・無麻酔で採卵に臨みます。
先輩方の「体が跳ね上がる」「針を刺すたび激痛」といった体験談を読み、震えております。
と同時に、卵は取れるのだろうか。
取れても成熟するだろうか、受精するだろうか…と不安は大きくなるばかりです。

 

▼採卵スケジュールはこんな感じでした。

(CC+hMG法)

D1*▷エコー
D2▷なし
D3▷クロミッド2錠
D4▷クロミッド2錠
D5▷クロミッド2錠
D6*▷フジ225単位・クロミッド2錠
D7*▷フェリング150単位・クロミッド2錠
D8▷クロミッド2錠
D9*▷フェリング150単位・クロミッド1錠
D10▷クロミッド1錠
D11*▷フェリング150単位・クロミッド1錠
D12*▷エコー・血液検査(LH 8.0 E2 956.6 P4<0.050。数値からみて排卵はしていないとのこと)

フェリング150単位・クロミッド1錠
D13▷夜9時半と10時半に点鼻薬(卵胞を成熟させる)

D14▷なし
D15▷採卵日

 

治療費合計:約43,000円

 

  • クロミッドは夕食後
  • フジ、フェリングはhMG注射(採卵誘発剤)
  • *印はCLに通った日

 

普段は職場と家の往復で休みの日は寒さでほとんど引きこもっていたので、目まぐるしい2週間でした。
注射は全て左肩。痛みも少なく副作用もありませんでした◎

 

卵巣刺激方法については、病院に勧められるまま決めてしまい
あとで某病院の院長先生が書かれているブログを読み、少し後悔しています。(アンタゴニスト法が最適とのこと) 

PCOSはもともと成熟障害を持つ方が多いことはわかっているので、体外受精では特に卵子の成熟にはこだわるべきです。
卵子全体が未熟の段階で採卵決定をすると、未熟卵子と未熟すぎて卵胞壁からはがれ落ちていない空胞卵胞ばかり穿刺することになり、結局、未熟卵数個と空胞卵胞ばかりでした・・・泣
という結果になってしまいます。

Q10 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で体外受精するなら絶対に知って欲しいこと | 木下院長のブログ

 

エコーで見えた卵胞は左に大きいものが1つ、小さいものが数個。
右はエコーでは確認しづらい位置にあるため採卵ができないかもと言われています。

 

一つでも良いから、成熟卵が取れますように。
具合が悪くならずに元気に帰宅できますように。(´ー`)祈