花の便りはまだですか

故郷から遠く離れ、まだ見ぬ赤子に想いを馳せつつ 夫と猫2匹ノンビリと過ごす日々。子宮外妊娠(異所性妊娠)の体験記があります。Twitter→@sugrusdan

採卵終わりました

こんにちは。mokukoです。

 

去る2/16に採卵が無事終わりました。3日経った今も卵巣が張っておりチリチリと痛みます。それ以外の体調は良く、痛みがひどくなることはなさそうです。

 

採卵当日の様子を書いていきます。

 

前日21:00〜絶食
翌朝6:00までは飲み物(水・お茶)可
当日マニキュア・化粧不可

 

▷8:00 受付
夫氏、採精カップ側面に名前を書き忘れその場で書かせられる。(家を出るまでにサインペンを渡したのに紙袋に書いた?)
しかもカタカナ指定なのに漢字で書いてしまい、書き直させられる。
受付の可愛いお姉さん何回もごめんなさい…

 

▷8:10 リカバリールームへ
血圧測定。
身につけている物は全て外し、病衣に着替える。
(結婚指輪・ピアスは事前に家で外しておいた)
痛み止めの座薬をさす。
隣の部屋に人の気配。
看護師さんからのアドバイス「足を下に下げて(?)、深呼吸すること。特に吐くことに集中してね」

 

▷8:25 トイレへ

尿は絞り出すように全部出してくださいと指示あり。

 

▷8:30 採卵室へ
眼鏡はつけたまま。
院長先生と看護師さん2名の他にも沢山の人が…!
総勢10人くらいに見守られ、採卵。

採卵前の消毒。膣内をじゃばじゃばと洗浄。わりと痛い。
かかった時間は5分くらいでしたが想像以上の痛みでした。
お腹をぎゅーと押されながら、息をふぅ〜〜〜!…と吐き出す時に針が刺される…!

鋭い痛みが意識を遠ざけます。
(包丁で突然刺されたらこんな感じなんだろうな…と思いました。変な例えですが)

 

内診台の横にモニターがあり、
「採卵の様子が確認できますからね」と教えてもらいましたが、それどころではなかったです。(看護師さんの頭で隠れて見えなかったというのもあります)

最後にまた洗浄をして終了。

針を刺したのは2回だけでしたが口をぽかんと開けて目も虚ろ、思い出すと恥ずかしい顔をしていたと思います。
まぁ、騒いで暴れ回らなかっただけ良いかな( ^ω^ ;)

病院によっては針が極細で全く痛みを感じないところもあるようですね。いいなぁ…

 

▷8:40くらい ベッドへ戻る
再度血圧測定。
生理痛のような痛みが強くなってくる。
1時間ほど安静。
隣以外にも人の気配。私を入れて5人くらい?

いつのまにか寝ていて、看護師さんが来た時に目が覚めました。
膣内のガーゼを手品の万国旗のごとくズルズルズル!と勢いよく引き抜かれたあと、着替えて夫の待つ待合室へ。

10分後くらいに培養士さんから呼ばれました。

 

▷結果
採卵数 9個
精液の所見は問題なく体外受精(ふりかけ)。
受精しないものはレスキューICSI(顕微受精。イクシーと読むんですね。その時初めて知りました)へ回す。

 

  • 内膜が薄くなっているため受精卵は全て凍結。
  • 受精卵のうち2個を前核期で凍結。残りは培養し胚盤胞まで育てたのち凍結。
  • ただし受精卵数3個以下の場合は全て前核期で凍結。

 

受精報告は2/19とのことでした。

 

f:id:s_s_p:20180219153020j:image

f:id:s_s_p:20180219153023j:image

お昼ご飯は気になっていたタイ料理のお店で。
パッタイ(焼きそば)とグリーンカレー
内臓に針を刺したあとに刺激物はどうなの…と思いつつ、完食しました。笑